住宅ローンの返済方法

総合トップ>売買>住宅ローンの返済方法

住宅ローン
financial plan

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内いたします。
住宅購入の検討時から考えておきたいこと、実際に借りる時に必要な物など、わかりやすく説明しています。
是非住宅ローンを選ぶ際に参考にしてください。

住宅ローンの返済方法

住宅ローンには、大きく分けて「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」の2つがあります。

特徴とメリットおよびデメリット

返済方法 特徴 メリット デメリット
元利金等
返済方式
毎回の同じ返済額
(元金と利息の合計)
になるように返済する方法
毎回の返済額が同じなので、
長期の返済計画が立て易い
臨時に繰り上げ返済をし
支払利息の軽減できる
返済当初は利息の
返済にあてられる割合が
大きく元金が減るペース
が遅い
元金均等
返済方式
借入れ元金を
返済回数で割った額に、
残高に対する利息を
上乗せして返済する方法
毎回一定の金額を元金として
返済していくので、
「元利金等返済」に比べ、
ローン残高が減るので結果的に
支払う利息が少ない
当初の返済額が大きく、
返済負担が重い
返済総額の違いは?
住宅ローンは借入金額が大きい分返済期間も長期になる傾向があります。
つまり返済方法によって、返済総額にも大きな違いがでてくるのです。

例えば、3,000万円を30年間で返済する(金利3%、ボーナス返済なし)場合

返済方法 毎月返済額 総返済額 支払利息総額
元利金等
返済方式
12万6,481円
(元金と利息合計)
4,553.1万円 1,553.1万円
元金均等
返済方式
1回目返済は
15万8,333円
(うち元金は83,333円)
4,353.8万円 1,353.8万円
(元利均等方式との差は199,3万円)

このように双方を比較すると、元金均等返済方式は、毎回一定の元金が減っていくため、
元利均等返済方式よりも支払利息の総額は少なくてすみます。

しかし安易にこの返済方法に決定するのではなく慎重に検討するようにしてください。
なぜなら返済当初の負担が多いため、返済計画に無理が生じる可能性があるからです。
年収の安定度や子供の教育などの生活負担も含めて収支を返済開始後10年分はしっかり予測をたてておくことが必要でしょう。

また、元利均等返済方式でも、一部繰上返済を前倒し前倒しに実施していけば、
元金均等返済方式に相当するくらいまで支払利息を軽減することもできます。
なので、長期にわたって無理のない計画的な返済をしつつ、支払利息を少しでも軽くしたいなら、
元利均等返済方式で一部繰上返済を併用していく方が返済しやすいといえるでしょう。

  • 住まいを探す
  • お部屋を探す

お問い合わせinqury

お住まいのことなら何でもお気軽にご相談下さい。

営業時間
平日10:00~20:00
土日10:00~20:30
年中無休※年末年始は除きます。

トップへ戻る

センチュリー21

ID

PASS

  • 武庫之荘店
  • 武庫之荘南店
  • 宝塚店
  • 伊丹店
  • 西宮北口店
  • 西宮北口南店
  • 甲子園口店
  • メール問い合わせ