ボーナス返済と繰上返済

総合トップ>売買>ボーナス返済と繰上返済

住宅ローン
financial plan

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内いたします。
住宅購入の検討時から考えておきたいこと、実際に借りる時に必要な物など、わかりやすく説明しています。
是非住宅ローンを選ぶ際に参考にしてください。

ボーナス時併用返済とは?

住宅ローンの返済方法には、毎月1回ずつ返済する「毎月返済」と、毎月の返済に加えて、
ボーナス支給月に割増しをして返済する「ボーナス時併用返済」とがあります。
「ボーナス時併用返済」は、ボーナス月に返済額を増やせる分、毎月の返済額を減らすことができ、
家計のバランスを図ることができる返済方法といえます。
ボーナス返済に回せる額は各住宅ローンで決まっています。
公的融資では借入額の40%以内(50万円単位)で、民間のローンでは50%以内(10万円単位)が多いようです。

ボーナス時併用返済、利用時の注意点

わかっていそうで意外な盲点となっているのが、ボーナス時併用返済の場合、
毎月返済額とボーナス時返済額をダブルで返済しなければいけない点。
ローンシミュレーション をして、現実の負担を測る際には、間違わないように注意しましょう。
また、住宅ローンは長期で返済していくものですが、ボーナスは景気や企業の業績に左右されるため、
過度にボーナス返済に依存しすぎるとリスクが高くなります。
マイホームを取得すると、毎年の固定資産税や、火災保険料など住宅の維持経費も多くなります。
このような経費をボーナスから捻出するケースも多いでしょう。
このため、住宅ローンの返済は、基本的には毎月の家計支出内でやりくりできる範囲に抑えておく方が、
家計管理もしやすくなります。
ボーナス時併用返済を利用する場合でも、なるべく小さめに抑えた方がいいでしょう。
ボーナスが安定的でない業種や企業などでは、ボーナス時併用返済を組まないほうが無難です。
また、返済完了が定年以降になる住宅ローンで、ボーナス時併用返済があるローンを組む場合は、
繰上げ返済で定年前の完済を目指しましょう。

住宅ローンの繰上げ返済

繰上返済は、住宅ローンの将来の支払利息を軽減する効果があります。
なので、手元に余裕資金がある際は、金利が低く預貯金の利息が増えない場合などは、貯めるよりも、
将来の返済分を着実に減らすほうが金額的にも効果が大きく、家計管理を意識している家庭ではよく実施しています。
繰上返済には、ローン残高の全部を返済期間途中で返す「全部繰上返済」と、残高の一部を臨時に返済する
「一部繰上返済」があります。
よく利用されるのは、この「一部繰上返済」で、残高の一部が減ることによって、返済期間が短くなる「期間短縮型」と、
毎月の返済額が少なくなる「返済額軽減型」の2つがあります。
では、この2種類の繰上返済の効果を試算してみましょう。

●100万円を一部繰上返済した場合の効果
(元利均等返済方式、借入3,000万円、期間30年、金利3%、よって年間返済額151.8万円のケース)

  1年後に100万円繰り上げ返済 5年後に100万円繰り上げ返済
繰り上げ返済後の内容 支払利息の
軽減効果
繰り上げ返済後の内容 支払利息の
軽減効果
期間
短縮型
短縮期間
1年7ヶ月
140,3万円 短縮期間
1年5ヶ月
115,0万円
返済
額軽減型
年間返済額は
146,6万円
49,8万円
(残り29円分の単純合計)
年間返済額は146,1万円 42,3万円
(残り25年分の単純合計)

まず、その効果については、期間短縮型のほうが、繰上返済を実施した時点で着実に支払利息の軽減分を
確定することができ、残り期間にかけて軽減幅を合計した返済額軽減型よりも金額が大きいことがわかります。
また、繰上返済の実行時期は、早ければ早いほど効果が高くなります。
それは、支払利息がローン残高に応じて変わってくるからで、早いうちにローン残高を減らせたほうに
軍配があがるといえます。
なお、繰上返済には取扱機関やローンのタイプによって、1回あたり数千円から3万円程度の手数料がかかることが
多いので、あらかじめ確認し、手数料がかかる場合は、ある程度まとめて実施したほうがより効率的です。

  • 住まいを探す
  • お部屋を探す

お問い合わせinqury

お住まいのことなら何でもお気軽にご相談下さい。

営業時間
平日10:00~20:00
土日10:00~20:30
年中無休※年末年始は除きます。

トップへ戻る

センチュリー21

ID

PASS

  • 武庫之荘店
  • 武庫之荘南店
  • 宝塚店
  • 伊丹店
  • 西宮北口店
  • 西宮北口南店
  • 甲子園口店
  • メール問い合わせ