伊丹市って治安はどうでしょうか

総合トップ>賃貸>伊丹市の賃貸>伊丹市って治安はどうでしょうか

テーマ:伊丹市エリア情報


 

 

伊丹市の治安をいろいろな面からご紹介


 伊丹市の住みやすさについて前回のブログでは紹介致しましたが、今回は住みやすさの元となる伊丹市の治安関係など、についてご紹介致します。


人の流れと治安の関係性について


 一般的に大都市部、関西であれば「大阪市」や「神戸市」「京都市」などの都市は古くから住宅街の他に繁華街も栄えており、地元のみならず他所からも大勢の人が集まってきます。


人が集まる場所は基本的にお金が流通しますから、賑やかになります。ただ、そのお金を目的に色んな人が集まってきます。一般的に「反社」と呼ばれている「反社会的勢力」の人も数多く集まってきます。そうなると街は確かに豊かになりますが、その反面、お金に困っている人もかなりの数に上がっていきます。


当たり前のことですが、いくら景気が良くなっても全ての人がその恩恵を被れるわけではないのは当たり前です。そうなってくるとその恩恵に被れなかった人たちも含めて犯罪が多くなってきます。窃盗がの件数が伸びてきます。これはどんな地域も一緒で、人が増え続ければ、その分年齢に関係なくも犯罪に巻き込まれる可能性が高くなります。


治安が悪化するということは、それだけ犯罪に手を染める人が増えるということです。大都市圏には外部からの人が流入してくるという状況があり、この不特定多数の人間の出入りが先程言った治安悪化につながります。


昔、アメリカ合衆国ニューヨーク州の州知事が多発していた犯罪に対して行ったことは、壁や地下鉄車両の落書きを消したり、割れた窓ガラスを治す事でした。そうすることによって、人はだんだんときれいな状態を保とうとするので、器物損壊に伴う幾つかの犯罪は未然に防がれていきます。大分話が長くなりましたが、色んな人が出入りする地域は治安悪化の可能性が高いというのは間違いないと思います。


その点、伊丹市について言えば人口自体も大きく変わっておらず、外部から人が流入してくる状況はありません。阪急やJR伊丹駅周辺は店舗も集中しており、多少の人の出入りがありますが、そのエリア以外は基本的に住宅地が広がっているのが伊丹市なので、先程から言っているような治安悪化につながるような可能性は低いと言えます。


<アクセス面からみる伊丹市>

伊丹市の位置づけで言えば、一言で言って大阪市や神戸市などの大都市に対するベッドタウンが一番しっくりくるかと思います。特に大阪へはJR線で12~13分で到着するほどの距離なので、通勤や通学にもまったく支障がありません。阪急電車でも「塚口」駅で乗換が必要ですが、20分程で「大阪梅田」駅まで着きますので非常に便利です。神戸へのアクセスも大体30分程で到着するのでこちらも十分に通勤圏内と言えます。ただ、難点があるとすれば阪急「伊丹」駅が終点であり、そこから先はバス便しか無いという点です。JR福知山線は「伊丹」駅・「北伊丹」駅の2駅のみでこちらも便利とは言えない状況です。そのため、伊丹市ではバス便並びに自家用車での移動が多くなります。都心部への移動は伊丹駅まで出た上で電車移動に切り替えるのが一般的な移動方法です。


<駅周辺の発展からみる伊丹市>

「伊丹」駅まで出てくれば駅前には店舗が並び、買物も非常に便利です。以前は、阪急「伊丹」駅が伊丹市の中心となっており、伊丹市で繁華街と言えば阪急「伊丹」駅のみでしたが、2002年(平成14年)にJR「伊丹」駅の東側の「東洋ゴム工業」の工場跡地に「ダイヤモンドシティ伊丹テラス」として当時関西でも有数の規模としてオープンしたショッピングモールによって、伊丹市の盛り場は阪急「伊丹」駅とJR「伊丹」駅とで二分されました。幸いにして、どちらも徒歩圏内くらいの距離なので、両方を行き来することは可能で、益々この周辺に人が集中することになりました。逆に言えばそこ以外は先ほども触れたように住宅街であり人が集まってくる要素はほとんどありません。


阪急「伊丹」駅周辺は先ほども言ったように伊丹市内では1,2位を争う商業地でありますが、それも平成7年の阪神淡路大震災の際には壊滅的な被害を受けました。地震で「伊丹」駅が倒壊し、車両はぺちゃんこになっていました。阪神高速神戸線の橋脚が折れて道路が横転しているのと同時に、2階にあった駅が陥没して1階まで落ち込んでいる写真は、衝撃的なこの震災の1シーンとして報道されていました。この伊丹駅も駅前商業ビル「リータ」として生まれ変わり、ビルの3階部分に駅が入っています。すぐ隣には分譲マンションが建ち並んでおり、伊丹市内でも一等地になる場所だと言えます。


先程、JR「伊丹」駅前でオープンした「ダイヤモンドシティ伊丹テラス」について触れましたが、その後「イオンモール伊丹」と名を新ためて、未だに関西で有数の規模を誇る大規模なショッピングモールとして多くのお客様で賑わって言います。開業から10年以上経っても、未だに週末を中心に多くの人が訪れています。その「イオンモール伊丹」には日々の買物のためのスーパーマーケットや、服や日用品、アクセサリーなど様々な専門店、ドラッグストアやフードコートを含めた飲食関係の店舗、又伊丹市内で唯一の映画館「伊丹TOHOシネマズ」、ペットショップなど、ここに来れば一通りのことが楽しめるような店づくりをしており、実際に朝から晩まで家族揃って楽しめる空間だと言えます。


これらの周りは外部からも人が集まってきており、駅前だけあって車の数も非常に多く、道も混みがちです。又、同時にバイクや自転車の数もかなりの数に上っており、駅前での駐輪数、特に違法駐輪の数もかなりの数となります。このため、伊丹市全体でみればすっきりとした街並みで間違いないのですが、この駅前だけ若干ゴミゴミと混雑しているイメージがあります。


伊丹警察署のホームページを見ると、「伊丹警察署管内の主な刑法犯罪認知状況」のデータがありますが、ここで断トツの1位となっているのは「自転車窃盗」です。駅前に違法に駐輪された自転車を又、違法に盗んでいくという悪の連鎖が行われています。この連鎖を断ち切るには駅前での違法駐輪の撲滅です。きちんとした駐輪場に停められた自転車は防犯カメラもあることから取られにくいのです。ですから、駅前の違法駐輪を撲滅することが、ひいては伊丹市全体の治安向上につながると思います。又、近年では「刑法犯罪認知状況」でいう犯罪件数は確実に減少しており、色んな意味で伊丹市全体の犯罪件数が減っていることは間違い無いです。


伊丹市の治安は着実に良くなっている


伊丹市の治安については、色々な角度からみてみないと一概には言えないですが、間違いなく治安は良くなっています。


<住環境が向上している>

一つに、郊外を中心に新築戸建が多数販売されて、それに伴い20~30代の若い世代が住み始めて一つの街を作っています。今までが単なる地方都市であったのが、ベッドタウンとして生まれ変わっています。住宅地が中心で本当にゴミゴミしていないイメージが強いです。


そうしたことが、伊丹市の非常におススメポイントとして挙げられる「住環境」の向上につながっています。特に郊外は電車は通っていませんが、バス便が充実し、道幅も広く、街区もきちんと区切られています。又、自然環境も適度に混在しており、小さなお子さんのいる子育て世代にとっても暮らしやすい環境だと言えます。


大都市圏で住宅を探してはいるが、予算の関係で手が出ない人たちにとって新築戸建てが2000万円台で手に入る上に自然環境に恵まれた理想的な住環境は伊丹市の人気の秘訣だと言えます。


<自転車が利用しやすい環境>

その他に、伊丹市内は電車での移動には不便でほぼバス便と自家用車での移動だといいましたが、その他に自転車での移動も良く見かけます。駅前での不法駐輪の問題もここからきているのかも知れませんが、伊丹市の地勢は南側に市境を接している尼崎市と同じく平坦であるために自転車を利用する人がかなり多いです。セカンドカーを所持している家庭はともかく、そうでない家庭は日中、奥さんが前に後ろにお子さんを自転車に乗せて走っている姿を良く見ます。こう考えてみると子育て世代に人気なのも分かります。


<人口の流出がない>

最近は少子化の影響もあって、先ほど挙げた尼崎市では人口減が止まらないのですが、伊丹市ではここ10年以上も人口は大きく変動していません。大体20万人前後の人数ですが、出生率も低下している中、他市へ人口流出せずに伊丹市に住み続けているのは、やはり伊丹市が住みやすいためで他なりません。又、人口がまったく減っていないのはやはり治安が悪くないことにつながると思います。


<なぜ伊丹市は治安が悪化しなかったのか>

若い世代、特に未就学のお子さんを持つご家庭は学校の雰囲気や評判などが非常に気になっていると思います。いわゆる、「ガラのいい」学校か、「ガラの悪い」学校かです。やはり、どんな地域であっても本当にガラが悪い、治安が悪い地域はどんどん人口が減少していくのは止められない事実だと思います。


特に阪神間では主要な駅前に巨大なショッピングモールが幾つもできていることから、(JR伊丹駅:イオン伊丹モール、阪急西宮北口駅:阪急西宮ガーデンズ、JR尼崎駅:あまがさきキューズモール、等)買物や娯楽も1ヶ所である程度まかなえるのが普通なので、住宅地と商業地との間に線引きがされたのが特に伊丹市にとっては治安が悪化しなかった要因になったと思われます。そんな伊丹市では新築戸建の建築が進んで、不動産を扱う業者が多くの住宅を供給して伊丹市に住みたいという需要に応えてきました。


元々、伊丹市には北部に「伊丹空港」があり、外部から不特定多数の人たちが乗り込んでくる土地柄でした。「伊丹空港」の正式名称は「大阪国際空港」と言いますが、2008年に大阪泉州沖に24時間利用可と言われた関西国際空港が開港するまでは関西の国を代表する表玄関としてアジアを中心に外国からの便も離着陸される空港でしたが、最近は国内線中心の空港としなっています。国際便のメインは関空になっています。そのため、以前ほど外国の方が伊丹空港に降り立つ機会は減りました。


国際都市としての発展を望むのであれば、国際空港としての機能が関空へとスライドしていったのは残念なことですが、あくまでもベッドタウンとして郊外型都市としての発展を考えるのではあれば、伊丹空港が国内線メインになったことはむしろ好都合であったかもしれません。


実際にビジネスで東京に行く際には関西からでしたら、伊丹空港から羽田空港へ飛ぶか、新大阪から東京駅や品川駅まで新幹線で移動というのがほぼ定番です。その他にも九州や東北、沖縄や北海道まで日本全国に就航便があるので、地方へのアクセスに非常に便利な空港です。又、アジア中心ですが国際線もまだ生きているので、例えばお隣の韓国や中国へは伊丹空港から飛び立つこともできます。


少子化対策からみる伊丹市の治安


伊丹市の治安問題について欠かせないのが、人口問題です。当たり前ですが、人口が減少すると税収も減少します。元々、お隣の尼崎市や西宮市のように中核都市でない衛星都市である伊丹市にとって、一定の治安を維持するためには最低限税収の確保は必要です。

そういう意味において伊丹市の少子化対策はどうなっているのかを確認してみました。どこの市区町村でも必死になって対策をしていますが、伊丹市の取り組みは子育て支援があります。


<伊丹市の子育て支援>

伊丹市はここ10年以上もの間、人口が減っていません。出生率の低下を考えれば人口の減少は当然なのですが、人口が減っていないということは郊外に新築戸建の現場を開発して人口増加に務めているのと、先ほど触れたように、子育てしやすい環境をつくることによって、伊丹市で出産したいと思わせる部分に力をいれているからだと思います。伊丹市での子育て支援策は市役所ホームページを見れば確認することができます。


基本的には「育児サポートセンター」や「子育て支援センター」、「子育てコンシェルジュ」などの運営を中心に子育ての方で共通の悩みやお困りの人に対して相談できる場を提供するサービスです。


子育て経験が豊富な人でも子供によっては色々と気苦労も絶えないのが子育てかと思いますが、初めての子育ての人は子供が泣いているのも何で泣いているのかわからなかったり、夜中に1時間おきに泣くので睡眠不足に陥ったり、配偶者の協力を得ることができずに孤立してしまったり、人それぞれ悩みはあるかと思いますが子育てをする際に一番しんどいのが孤独に陥ることだと聞いたことがあります。


配偶者の方はもちろん、ママ友や、親兄弟など楽しいこともしんどいことも話を聞いてくれて、分かち合えるような人がいないと自分で全部しょい込んでしまってそれが行き過ぎるとノイローゼや鬱になってしまうらしいです。誰もがその危険性があると言います。


伊丹市が提供しているサービスはそういった子育てで悩んでいる人に相談できるコンシェルジュを紹介してくれたり、悩みを相談しながら一緒に子育てを頑張っていけるようなママ友との出会いの場を提供してくれたりするので、利用者も多く好評です。


<子育てしやすい街というイメージの定着が大切>

子育てについては、金銭的な負担と経済的な負担、時間的な負担、の3つの負担がかかってくると言われています。経済的な負担については、様々な手当や出産費用の実質免除など、色々な負担を軽減してくれる制度も出てきていますが、一番しんどい精神的負担については負担を軽減してくれる制度自体があるかどうか知らない人も多いかと思います。


伊丹市は先ほども言ったようにこの10年~20年ほど、市の人口がほぼ横ばいで推移しています。この出生率減少、都心部への人口の一極集中の時代に人口が減らずに現状の数を維持できていること自体すごいことだと思います。その人口減少を防ぐ対策として、今伊丹市が取り組んでいること自体は評価されていると思いますので、これまで以上に市が一丸となって子育てがしやすい街としてのイメージを定着していけば、大阪市や神戸市からも伊丹市へ移住してくる人も増えてくるかと思います。


恵まれた自然と大都市圏へのアクセスの良さ、買物等に不自由のしない商業施設の充実など、伊丹市の力は豊富です。もっともっと伊丹市を盛り上げていくためにもこれまで以上に力を入れて欲しいと思います。


ひいてはこの事が伊丹市の治安の向上につながってくるのは間違いないと思います。伊丹市に住みたいという人が増えて、伊丹市で生活しやすいということがもっと多くの人に分かってもらえたら自然と伊丹市の治安も住み心地も変わってくると思います。今でも伊丹市は治安については悪くないと思いますが、これまで以上に良くなってくれれば本当にうれしいです。もっともっと伊丹市の人気が上がっていくことを願っています。


伊丹市は歴史と伝統のある地方都市


伊丹市は地方のベッドタウンですが、こうした地方都市は大体2種類の街に分かれます。一つが何も無いところから、造成などの結果街が出来上がり生活施設の充実からどんどん街として完成していった場合。

もう一つが元々地方にあって歴史と伝統がある街だが、まだまだ街として開発できるような土地が豊富にあるために住宅地を増やしてその結果、地方都市としてどんどん発展していった場合、に分かれます。


前者のパターンは日本全国かなり多く、山や森を切り拓いたりしてどんどん広げていったという街はそれこそゴマンもいる。


後者の方は既に街としてある程度出来上がっている所をもっと広げていくわけですからある意味前者よりも楽では無いです。当たりまえですが、現在お住まいの方達の意見も無視できないわけですから、市の方も計画を立てて実行していくに当たり気苦労も絶えないと思います。


ですが、新興住宅街よりも意外なことに昔からの街のほうが人口は減りにくいといったデータもあります。それはどういうことかと言うと、2代目、3代目が多い街は発展していることが多いことが分かっています。


要は、おじいさんが住んでた家をその息子に、そして今度はその孫にと代々受け継がれていって、というパターンのお家が多いかどうかでその街の治安という面でも大きく変わってきます。


小さいときから自分の両親だけでなく近所の人もみんな知り合いで父親や母親も近所の人と知り合いという環境で育った子供が近所に迷惑をかけるような人間に成長するかというとあまりその可能性は低いと言われています。その理由は、親兄弟みんなが知り合いの状況であれば誰かが犯罪を犯しそうになっても必ず誰かが止めてくれるという環境だからと言われています。


確かに近所の人たちが小さな頃からの顔見知りであれば悪いこともし難いですし、小さい頃からの知り合いであれば注意もしやすいかと思います。そういう意味でも伊丹市は振興の地方都市と違って、歴史と伝統のある地方都市なので何代にもわたって地元で住んでいる方も多いかと思います。


そんな歴史のある都市で住宅が老朽化して新築戸建に建替えしているケースが良く見られます。不動産を新たに購入するのではなく、建て替えるという選択をする人が多くなってきているのも事実です。


伊丹市がどれほど歴史ある都市かというと、有名な歴史的な史跡も数多く残っているのですぐに分かります。


<昆陽池>

例えば、農林水産省が選定した「ため池100選」にも選ばれた「昆陽池」ですが、今ではため池というより野鳥の楽園で、約3000羽もの渡り鳥が冬場に訪れることで有名で、地元の人たちの憩いの場として親しまれていますが、その成り立ちは奈良時代の有名な僧侶である「行基」の指導によって作られたと言われている池です。広さも広大なこの池は上空から見ると日本列島を模した浮島があることでも有名ですが、奈良の大仏の建立の実質的指導者とも言われている「行基」が作ったと言われる「昆陽池」は間違いなく歴史的史跡と言ってもいいでしょう。その起源は遠く奈良時代にまで遡る由緒正しいものです。今は公園となっていますので気軽に歴史的史跡に触れあえるのも伊丹市ならではです。


有岡城址>

他にはJR福知山線「伊丹」駅前にある「有岡城址」が有名です。戦国時代にあの有名な織田信長の配下であった荒木村重が「伊丹城」から「有岡城」と改名し、本拠地として整備した城です。武家屋敷や町屋敷を堀や土塁で囲んだ惣構(そうがまえ)の城として国の史跡に指定された要塞のようなお城です。この城で有名なエピソードとして、ちなみに豊臣秀吉の名軍師として有名な黒田官兵衛が若き日に1年近くも地下牢に幽閉されていた話が広く知られています。何年か前のテレビドラマでも描かれていたので記憶があるかたもいらっしゃると思います。


そんな伊丹市は新興地方都市ではなく、正真正銘何代にもわたって住み続ける人たちがいる歴史ある地方都市です。こういった地方都市の治安は先ほどもお話ししたように悪くないように思われます。気になる方は一度、お知り合いの伊丹市もしくはその近隣の都市に居住中の方に聞かれてみるのも一つの方法だと思います。少なくとも伊丹市の治安が悪いという人はおそらくですが、ほとんどいないのではないかと思います。


伊丹市と伊丹空港のかかわり


その他に伊丹市で有名なものは最初にもお話ししました通り、「伊丹空港」です。この「伊丹空港」について良く言われているのが、騒音問題です。


空港へアクセスの良さという利便性と引き換えに騒音がするのはある程度仕方がないのではないかと思います。騒音と言っても伊丹市全域でするのではなく、やはり空港に近い地域に行くとちょうど真上を飛行機が飛んでいく時の音や、滑走路から飛び立っていく飛行機の音は普通に生活している際にはあまり感じないレベルの音かもしれません。ただし、長時間という訳でもなく、うるさいと感じるのも一瞬ですぐに飛行機自体が遠ざかっていくので、騒音というレベルなのかどうかは難しいと思います。


正直大丈夫じゃないかと思ったりするのですが、毎日聞いている地元の方はどう思っているのでしょうか?毎日のことなので、慣れてしまってそんなにうるさく感じないと思っているのか、それとも毎日聞く音なので、いい加減うるさいと思ってしまうのか、これは個人差もあることなので一概には言えないと思いますが、少なくとも私の知っている限りは飛行機がうるさいので、伊丹市から引っ越したという方とお会いしたことは無いです。


そう考えてみても「伊丹空港」の騒音は公害レベルとは言えないのではないかと思います。都市の治安悪化の一因と挙げられたりするのは、「公害問題」であったりもします。しかし、伊丹市は実際に音で悩まされている方はいらっしゃるのでしょうが、そこまで騒音問題と言われるレベルではないかも知れません。


ただ、実際には例えば新築戸建の建築の際の防音工事について助成金が出ています。これはお隣の尼崎市には無い制度でやはり、空港がある伊丹市ならでの助成金制度だと思います。


防音工事もそうですが、空気調和機器の工事についても一部助成金が出るので、積極的に利用できればと思います。どちらかと言えば、空港と共に空港から出る騒音と共に伊丹空港を通じて共存しているように思えます。


今や伊丹市にとって、伊丹空港は都市のシンボルでもあり、市経済にとって需要名影響を及ぼす存在です。逆に「伊丹空港」が無ければ経済的にもマイナスの影響が出るかもしれないです。伊丹市の治安を悪化させるどころか、伊丹市の治安を向上させているのが多くの雇用を生み、多くの観光客を連れてきてくれる「伊丹空港」なのかもしれません。


それに伊丹市では「伊丹空港」を単なる空港で終わらせるのではなく、空港のすぐそばに公園を作って市民が空港を身近に感じられるような環境を作っています。それが「伊丹スカイパーク」です。


<伊丹スカイパークとは?>

9ヘクタールもの広大な敷地はもはや伊丹市のみの管理では収まらず、国と県とにまたがって3者共同で管理されています。この広大な公園の一番のウリは、空港の滑走路がすぐそばにあるために迫力ある飛行機の離着陸を間近で見ることができることです。日常のなかではうるさく感じる飛行機の音も滑走路のすぐそばで見る分には逆に迫力を増すBGMとして好評です。


これほど近くで飛行機の離着陸が見られることのできる公園はおろか、スポットは全国でも稀なので日本全国から航空機ファンが集まってくるので、家族連れと共に多くの人で賑わっている公園です。入園料金は無料ですが、駐車場は有料です。但し、20分100円という料金なので、1時間でも300円で駐車できます。


ファミリーは車を駐車して、そのまま遊具コーナーや芝生コーナーでくつろいだりしていますが、夜間でも公園自体は入れますので、車から空港の離着陸を見ることができる丘の上パーキングにはカップルの姿も見られます。



ちなみに「伊丹空港」自体は騒音問題と付近住民の安眠の問題もあるので、午後9時までしか離着陸ができないことになっています。ちなみに朝は午前7時から飛行機が飛んでいます。元々は夜遅く12時まで飛行機が飛んでいたこともあったそうですが、さすがに近隣から眠れないといった苦情が相次いで今の形に落ち着いたと聞いています。


いくら慣れた音であっても寝ている時に聞かされたら我慢できないと思います。

市街地に近い空港には必ずこういった騒音問題が出てきますが、現在の形になって落ち着いたのであれば双方にとって良かったと思います。


伊丹市の不動産事情について


伊丹市の不動産事情について触れていきます。伊丹市は基本的に駅前にはマンション、郊外には新築戸建てでそれぞれエリアが決まっています。当然、駅そばでも土地の販売は行われていますが、3戸以上の新築戸建て現場として駅前では敷地確保が難しく郊外での販売になりますが、マンションならば駅のそばでも分譲・販売されています。逆に言えば駅から遠い場所でのマンション分譲はリスクが高いので販売業者としても行わないことが多いです。


大体、伊丹市でお家を購入を検討している層は、大阪で仕事をしているが子育てのことも考えて郊外で家を探している、但し大阪への通勤のことも考えてできれば移動時間を絞りたいと考えている家庭には伊丹市で探す方が多いと思います。その中でも特に駅前で住みたいという希望があればほとんどマンションにせざるを得ない状況です。           


日本酒でも有名な伊丹市


伊丹市でその他に有名なものと言えば意外にも「日本酒」です。関西で、日本酒と言えばすぐに思いつくのが西宮市や京都市の伏見区ですが、伊丹市も有名な酒蔵が幾つもあります。ブランド名で言うと「白雪」や「老松」などが有名ですが、特に「白雪」はテレビコマーシャルでも見たことがある人は多いのではないでしょうか。何と言っても伊丹市は「清酒発祥の地」としても知られています。(但し、日本酒発祥については他都市や地域も自分の所こそ、発祥の地だと言う所も多いので、確定しているわけではありません。)


江戸時代には将軍家にも献上した「官用酒」は格式高さを感じるもので、世界に誇る「日本酒」の有名な酒蔵があるというだけでテンションが上がる方も多いでしょうし、伝統ある地方都市ということに異議を唱える方もほとんどいないのではないでしょうか?



こうした歴史的史跡のある街は文化的な例えば、京都は奈良のような古都まではいかないですが、街のあちこちに歴史的史跡が散在し、文化的な香りがする街と言えるのではないでしょうか?


先ほどお話ししましたように、伊丹市には奈良時代から続くため池が今では公園となって市民の憩いの場としてたくさんの笑顔を生んでいますし、戦国時代から続く有名な武将が本拠地にした城址が市の中心地にあり、しかも駅前の数多くの人が通勤や通学に利用する道沿いにあり、江戸時代から続く伝統的な酒造りが酒蔵跡やそれをイメージしたお店、そして石畳や瓦を葺いた建物が立ち並ぶ街並みがあるなど、街のあちこちで見かけることができます。


こうした歴史と伝統があり、駅前のショッピングモールや数々の店舗のような利便性、そして郊外にはまだ自然を残した風景、それらが混在しているのが伊丹市であり、子育て世代からみても住みやすいエリアであると言えます。


そんな伊丹市の治安は上に挙げた数々の理由によって悪くないという結果が出ました。ただ、兵庫県下で伊丹市よりもお隣の宝塚市や西宮市の方が兵庫県警の発表によると犯罪発生件数が少ないようです。


ちなみに兵庫県下でも発生件数が多いのが神戸市と尼崎市になります。伊丹市はそれらの発生件数が多いとまではいかないにしても、本当に少ない西宮市や宝塚市よりは多いという結果です。


考えてみれば西宮市も宝塚市も歴史と伝統のある都市ですし、文化的な香りもする街々です。当然と言えば当然かもしれませんが。


長々と伊丹市の治安並びに治安に影響を与える、もしくは影響を及ぼすと思われる伊丹市の文化などについて触れてきましたが、参考にはなったでしょうか?


実際には住めば都という言葉もありますが、住んでみれば思っていたよりも良かったと感じることの方が多いと良く聞きます。伊丹市の良さをまとめてみると、大都市圏からは離れていて都会のようなゴミゴミした雰囲気ではないが、かと言って完全な田舎のような不便さは無い、駅前まで足を伸ばせば大きなショッピングモールもあるし、様々な店舗も軒を連ねている。又、都心部まで電車も車でもアクセスは容易で、特に大阪方面へは電車約12~13分と完全に通勤圏としては近いイメージ。駅前の賑やかなエリアから離れれば、まだ田園地帯も残っているような状況。又、市が若い世代、特に子育て世代を大事にしているので、その子育てについて数々の手厚い支援策を実際に働きかけている。又、街のあちこちには歴史と伝統に裏付けされた史跡の数々を見ることができる文化的な街。そういった伊丹市は住みやすい街ランキングでも結構上位に顔を出すことが多いです。


住みやすい街に選ばれた伊丹市


ちなみに、伊丹市は日本最大手の住宅ローン専門機関である「アルヒ株式会社」が選ぶ「本当に住みやすい街大賞2018in関西」で5位に選ばれています。


この「本当に住みやすい街大賞2018in関西」は「アルヒ株式会社」が持つ膨大なデータを基に住宅や不動産関係の専門家で構成される選定委員会によって選ばれている賞です。何となくとか曖昧な基準では無く、明確な「住環境」・「交通利便」・「教育環境」・「発展性」・「コストパフォーマス」の5つの選定基準で審査しているので、毎年話題になっている賞です。


そこで伊丹市の良さについて書かれていましたが、まさに都市部へのアクセスの良さや利便性、そして豊かな自然などの住みやすさが挙げられていました。しかもこちらの賞では5つの観点からみているので単純なランキングとは訳が違うと思います。特に今どきの子育て世代の親ごさんたちが気にしているポイントは「住環境」と「教育環境」の2点だと言われていますが、伊丹市はその点どちらもクリアしていて人気の高さが伺われます。


おまけ:子育てのお得な情報


伊丹市の治安について書いて来ましたが、もう一つ伊丹市の子育てについてお得な情報として、医療費控除があります。産まれたばかりの赤ちゃん、0歳児については医療費は0円です。他の費用の控除では所得の多寡によって制限がかかったりするのですが、この場合は所得制限も関係なく0円になります。他にも義務教育就学前の1歳~6歳児も0歳児と同じく医療費は0円になります。


ちなみに小学校1年生~中学3年生(15歳)までは医療費2割負担となります。このように伊丹市では子供たちが病院に行く機会を無くさないように医療費控除制度があります。これは市区町村によって異なりますので、気になる方は各市のホームページをチェックしてみて下さい。


おすすめ物件情報|伊丹市の不動産一覧


まとめ

 

 今回は、伊丹市の治安についてご紹介をしました。伊丹市の治安が良い事が伊丹市の人気の一つであることは間違いありません

このブログを通じて実際に伊丹市に住みたくなるようなポイントをたくさんお伝えしていこうと思いますので期待ておいて下さい。 


アクロスコーポレイションは兵庫県伊丹市の不動産情報を多数ご紹介しております。

伊丹市で不動産をお探しの方、伊丹市に住みたいとお考えの方は当社までお気軽に問い合わせください。

トップへ戻る

センチュリー21

ID

PASS